ごあいさつ

 年間850万人の患者(入院、外来:2017年患者調査)が医療機関を利用しました。しかしその内容が変わろうとしています。

 日本は国民皆保険制度が1961年にスタートし、半世紀以上運用してきましたが超高齢化の進展や医療技術の進歩などによる社会保障費の増加(平成30年度の医療費は約42兆円)の影響により国の財政および医療財政は深刻な状況になっています。

 その表れとして2019年10月厚生労働省が突然に病院統合再編を実名公表しました。この背景にあることは衆知のことですが、高齢者の増加と経済の大きな伸びが期待できないことから、医療財源の不足することが予想されております。従って高齢者負担の増加や働き方改革による医師の実質的なマンパワーの減少など病院経営が大きな転換点を迎えています。医療行政が変わっても患者自身が医療サービスの低下を自分のこととして理解するには医療行政や医療機関の努力がさらに必要となります。このような状況下では病院経営者の努力と患者の満足度はかみ合わないことが起こりやすくなります。これは医療現場の職員と患者にとても不幸となります。

 弊社のゴールはソーシャル・メディアを利用した医療デジタル・マーケティングで、医療提供をより円滑し、自院の認知にとどまらず患者とつながることでに生産性の向上とエンゲージメントを高め、さらに患者のアドヒアランスとリテラシーを強化することです。

 「医療提供側と患者との関係」

 両者の関係は患者視点、患者中心の医療などと言われてきていますが、本質的な意味で業務に反映することがポイントとなります。それには医療提供側のみならず患者の義務と理解、より良いコミュニケーションが重要になります。

また通常の商取引と明らかに異なり、患者の気持ちがマイナス、またはネガティブな状況から始まります(予防医療は除く)。さらに保険診療に関わる部分ではマーケティングは宣伝以外の部分を利用していることは限定されております。

 パラダイムが変わるときには従来の経験値で解決できるでしょうか? 適切に対応するためには、横並びの経営からマーケティング視点で自院のポジショニングに適合する解決策を選定し、確固たるマーケティング・マネージメントが必要と考えております。

課題

 今日、患者に適正な医療を提供し、満足度と患者エンゲージメントを高めることが重要となっています。具体的にはパラダイムシフトの内外要因である情報化や患者の価値観(経済的・心理的・社会的)の多様化に加えて診療報酬低下や働き方改革よる労働時間の減少を包含した経営が求められます。このことは患者の診療や患者の意思決定に大きな影響を与えるので、適正なコミュニケーションが求められています。即ち「患者と医療機関のあり方」の再考が必要となります。

ソリューション

弊社は医療提供側と患者とのギャップについて医療技術、安全性の向上と共に生産性向上と患者との関係(エンゲージメント)強化をあらゆる種類のICTと行動心理学・経済行動学・社会学的なコミュニケーションプロセスにフォーカスして、上述の経済状況や情報社会など外部環境の変化によるパラダイムシフトに対応してソリューションをご提供しております。

 医療技術同様に医療マーケティングは進化しています。なかでもヘルスケア・コミュニケーションは、全ての生命を大切することを基本として家庭(family)や職場(company)を巻き込んで医療の質とエンゲージメントを向上を目指しております。

  • 患者とのエンゲージメント強化
  • ペイシェントジャーニーに沿ったペイシェント エクスペリエンスで満足度・エンゲージメント向上
  • 認知度向上のための病院広報とコミュニケーション
  • 病院広報・PRと認知度向上
  • 患者教育、アドヒアランス強化
  • 医療機器、医療サービス開発支援
  • 院内コミュニケーション強化による経営方針浸透
 パラダイムシフト対策として、医療マーケティングはマーケティング戦略とマーケティングマネージメントが重要と認識しております。マーケティング戦略で終わらないために社会行動学、行動心理学、経済行動学をベースとした最新オンラインマーケティングによる枠組みを提供致します。この最新オンラインマーケティング戦略は国内のベストプラクティスに加えて米国病院ランキング1位のメイヨークリニック、クリーブランド・クリニックでの知見を併せて提供しております。

概要

会社名 株式会社 日本医療ソリューションズ
Name Advanced Healthcare Solutions Japan Co.,ltd
理念  私達は、医療が直面する課題、―患者の多様な価値観、高齢者増加による医療費抑制、働き方改革に対して、生産性向上、社会的公正、環境保全、経済成長を包含した意思決定及び調和統一を図ることが差し迫った問題の解決と未来世代のために必要な対応と信じて、注力しております。
事業内容

Solutions

医療関連企業団体様および医療機関向けのマーケティングサポートから患者サービスまでソリューションをワンストップでご提供

カスタマーセンター 〒141-0031
東京都品川区西五反田1-32-2   五反田文化会館2F
TEL:03-6420-0551
FAX:03-6420-0552
設立 2003年 4月
資本金 1000万円
代表取締役 上原 繁夫

地図