【Google】不正なハッキングに対するキャンペーンを実施!


 

こんにちは!
関東は急に涼しくなりましたね。

本日は、先日Googleチームが不正なハッキングに対するキャンペーンを行ったので、そのことについて紹介します。

この記事で分かること

  • ハッキングキャンペーンについて
  • Googleからのヒント
  • 世界中から寄せられた投稿

先日、Google サーチ クオリティ チームでは、サイトの不正なハッキングの問題を改めて知り、サイトを守るためのヒントを1週間毎日発信する#NoHackedキャンペーンを全世界で行いました。

このキャンペーンは、Google+や Twitter、Weiboなど様々なチャンネルを舞台に11 言語圏で行いました。延べ100万人近いユーザーが閲覧し、何百もの投稿の共有や、 #NoHacked のハッシュタグを使った投稿がありました。

Googleが投稿したサイトを守るためのヒントを紹介します。

1.

ハッキングの予防について考えよう

2.

ウェブマスターツールにはハッキングから守る機能もあります

3.

Google アラートを設定

4.

ソフトウェアは常に最新のものにアップデート

5.

ユーザーから寄せられたベスト投稿を発表

 

 

画像はGoogle+アカウントGoogle Webmastersの投稿から引用

 

世界中から寄せられた投稿のご紹介

  • ブラジルの Pablo Silvio Esquivel さんは海賊版ソフトウェアを使うことがハッキング被害の危険性につながることを紹介してくれました。
    https://plus.google.com/+PabloSilvioEsquivel/posts/9ahpESFwuac
  • オランダの Rens Blom さんは、パスワードを複数のアカウントで使いまわさず定期的に変更すること、そして 二段階認証 などのセキュリティ機能も使うことをおすすめしてくれました。
    https://plus.google.com/+GoogleNederland/posts/48e3VAsxddS
  • ロシアの Дмитрий Комягин さんは、日頃からサイトへのトラフィックや、検索クエリ、ランディング ページなどをモニターし、数値の想定外の急上昇などがないか把握しておくという方法を投稿してくれました。
    https://plus.google.com/+googleru/posts/CYwe6xf3Xvm
  • 日本の工務店コンサルタントさんは、実際に被害に遭われた際のレポートとそこから得た教訓として、ハッキング対策を適切に行っているホスティングを選ぶこと、ウェブマスター ツールのメール転送機能を設定しておくことなどを詳しくご紹介してくださいました。
    https://plus.google.com/+Asanoyukinobu/posts/hsKmoc2v2cZ
  • ポーランドの Kamil Guzdek さんは、WordPress をインストールした際に、table prefix をデフォルトのものからユニークなものへ変更することで、データベースがハッキングされるのを防ぐという tips を紹介してくれました。
    https://plus.google.com/+KamilGuzdek/posts/Gu63giLNTiZ

 Google ウェブマスター向け公式ブログから引用

その他のユーザーの投稿は、Google+や Twitterなどで #NoHacked で検索してみて下さい。多くの方が関心をよせていることが分かります。

Googleのヒントにもあったようにウェブマスターツールにはハッキングから守る機能もあります。まだ登録していない人がいれば是非サイトと連携させましょう。また、ウェブマスターツールはハッキングだけでなく様々機能でサイト運営を助けてくれます。

 

最近、Googleはハッキングについての記事、コメントが多いですね。みなさんも人事だと思わず対策しましょう!

 

本日は以上です。

 急激な温度変化は体調を崩しやすい原因です。体調管理に注意して下さい。また、夜も気温が低いのでお腹を出して寝ないように気をつけてください。

 

================================
病院・医療機関ホームページ制作
広報、宣伝や検索対策と情報更新もお任せください。
(株)日本医療ソリューションズ http://ahsj.jp/
================================