戦略的にソーシャル・メディアを医療関係者が利用するには 


Bringing the social media revolution to heath care より Bertalan Mesko M.D.先生の記述より、

ソーシャル・メディアを利用するにあたって、どの参考書にも書いていないようなヒントがありましたので、掲載します。ソーシャル・メディアはホームページの延長線上と思っている方へ、または本当のところを知りたい方へ。

ソーシャル・メディアと医療

ソーシャル・メディア

医療関係者がソーシャル・メディアを利用するときには、躊躇することが多いと思います。しかし、コミュニケーション方法の変化、パラグラムシフトが起きていることをなんとなく感じているかもしれません。

ソーシャルメディアの効用と可能性 -通信白書

もし皆さんが自分のために、ソーシャル・メディアを利用するときは、日常の生活のように明確に、オープンにコミュニケーション(自身の個人情報をネット上に晒すことではありません)することが必要です。

ソーシャル・メディアはコミュニケーションを簡便にしたものですので、何か重要なものを扱うようにするべきことはありません。

Bertalan Mesko M.D.先生がソーシャル・メディアの内容について、下記のようにいくつか提案すしています。

  1. オープンな話し合いをすること 日常の生活のように交流すること 目標を明確にすること(例;病院の広報、個人がオンラインで露出するなど)
  2. 戦略を考える(例;短い会話で進めたければTwitter あるいはアイデア交換にはブログを利用等)
  3. 専門的なことと、プライベートなことをミックスしない
  4. ぶれない(どのような話題でも、方針を変えない)
  5. 約束は重要(どのような戦略であれ、約束や目標を達成するために時間や努力を注がなければ、ソーシャル・メディアは機能しません)

このように、ソーシャル・メディアはより患者さん・第3者の視点でコミュニケーションするためのツールですので、その目的を達成するには、共通認識が必要です。

上記の項目はソーシャル・メディアのルールではないのですが、良いコミュニケーションには、一定の共通認識・理解が必要と言うことです。

従って、ソーシャル・メディアは従来のホームページのように、お知らせを一方的に流す形とは異なります。患者さん、医療従事者または対象となる人の立場をよく考えながらソーシャル・メディアを利用することになります。

㈱日本医療ソリューションズ

病院経営と広報・PR

●弊社のFacebook,Twitter, Google+を始めましたのでよろしかったら「いいね!」 または「フォロー」ボタンを押していただければ幸いです。 よろしくお願い致します。