ソーシャルメディア米国ソーシャルメディア事情

ソーシャルメディアの米国病院事情


米国病院においてもソーシャルメディアの先駆けとなることは社会的にも大きな意味を持つようですが米国の病院のソーシャルメディアチームにとっても日本同様に高度な広告規制等がありますので、課題に直面しながら業務を進めています。

米国のソーシャルメディアの専門家の Jay Bayerさんの19 Outstanding Hospital Social Media Teams 記事を参考にしました。

従って担当者は良く環境を観察しながら戦略的に対応しようとしています。オリジナルのページを見ると担当部署の名前も「戦略、デジタル・コミュニケーション、戦略的コンテンツマネージャー等日本では見慣れない部門が多くみられます。

下記に米国で健康産業における最も成功し、魅力的なソーシャルメディアコンテンツの発信する全米トップの病院の19ソーシャルメディアチームを掲載しました(原文のページに行けば詳細なレポートがダウンロードできます)

  1. NewYork-Presbyterian Hospital
  2. Cleveland Clinic(患者体験の向上を推進しています
  3. Mayo Clinic(医療ソーシャルメディアのコミュニティー)
  4. UPMC (the University of Pittsburgh Medical Center)
  5. IU Health (Indiana University Health)
  6. UCLA Health
  7. Johns Hopkins Medicine(名門医科大学)
  8. UCSF Medical Center
  9. Massachusetts General Hospital
  10. Mount Sinai Health System
  11. Cedars-Sinai
  12. Vanderbilt University Medical Center
  13. Memorial Hermann
  14. Florida Hospital
  15. Mercy Hospital (米国最大の医療グループに属す)
  16. Michigan Medicine
  17. Christiana Care
  18. Northwell Health
  19. BayCare

このようにソーシャルメディアは単にデジタル・コミュニケーションのツールでなく、患者と医療提供側の関係の見直し、効率や、医療情報および技術の共有による教育と進化、健康の啓発、患者のサポート、患者満足度向上など「患者中心の医療」推進のためのツールとして大きく関与してきています。

米国は日本の皆保険制度とは異なる医療行政ですが、患者中心の医療を展開するうえで患者の満足度向上とともに医療費の削減と医療従事者の働く環境改善の課題を同時に考えていく必要がありことは同じです。このような課題解決に大きなきっかけをつくる可能性がソーシャルメディアにはあります。

多くのベストプラクティスは上記の病院でみられますので、5-10年後にはこのような波(患者中心の医療をコストと医療従事者など医療資源ともに考える)が日本にも来るのではと考えられます。