月別アーカイブ: 2013年10月

メイヨークリニックとソーシャル・メディア

メイヨークリニック

メイヨークリニック

ソーシャル・メディアについてメイヨークリニック(米国)が強力に推進している内容が書かれた本が出版されています。

Bringing the Social Media Revolution to Health Care [Kindle版] 483 yen 続きを読む

医療機関選択に影響を与えるソーシャルメディアとは

 

social media

social media

病院広報において医療機関が利用するメディアは印刷物、ホームページなどあります。その中で近年話題になっているソーシャルメディアを活用する目的は、PR・ブランディング・集患等様々ありますが、それらの取り組みが実際の経営に影響しているのか気になるご担当者も多いと思います。 続きを読む

アクセス解析で自院についての関心度チェック★病院広報の基本 #1

最近、アクセス解析のgoogle analyticsがバージャンアップされ、来訪者(閲覧者)の動きからホームページを評価する機能がとてもわかりやすくなりましたので報告します。

従来のように、アクセス数だけでは、ホームページの評価ができません。主なアクセス解析の機能変更は下図のように、集客(来訪)、行動(閲覧状況)、コンバージョン(目的、問い合わせ等)の3段階が一目でわかるようになりました。

アクセス解析

アクセス解析

この閲覧者は下記の3点で評価されます。 続きを読む

患者満足度調査でのウェブアンケートの特長と利用方法

病院ではアンケート調査は、従来、質問票を各回答者に手渡し、または郵送で送りました。

ウェブアンケートでは下記の図のように、集計作業が速いなどの便利さがあります。

患者満足度調査

患者満足度調査

しかし、ウェブアンケートは、高齢者に馴染みがなかったりすることもあり、回答率の低下の可能性を推測されます。 続きを読む

患者満足度アンケート収集ソフト –入院、外来、職員アンケートなど同時収集可

病院アンケート収集プログラム

病院アンケート収集プログラム

患者満足度調査をウェブ上で実施することをご提案します。

目的は、「患者の満足度調査を効率的に処理し、業務量を減少と経営業務改善」のためです。 続きを読む

病院経営と患者満足度調査の結果

患者満足度調査と施設改善

患者満足度調査と施設改善

近年、患者満足度調査は、病院機能評価などで求められていることを受けて実施し、調査結果はホームページなどで発表することが通例となっています。興味ある論文を見つけたので、紹介したい。

高木安雄先生(慶応義塾大学)らは「一般クリニックにおける患者満足度調査結果と施設改善のポイント」について、論文を日本医療病院管理学会で発表している。要旨は、

1787件のデータを分析した結果、施設の診療科や通院患者属性と満足度調査項目の間に、ある程度の関係性が見れれる組み合わせがあった。例えば「年齢」と「医師の病状説明」、「年齢」と「待ち時間」、「性別」と「診療所の設備」など

背景は、患者のことを配慮した「患者指向の施設経営」をするために、患者満足度調査のデータをもとに改善を進めようとしている。

このような取り組みは、きめ細かな対応、患者視点の対応では必然的に要求されると思います。また患者属性によって医師の説明の仕方を変えることは以前から知られていることなので、目新しさはないが、データで示されると職員教育や院内の共通の認識にも役立つので長期的な改善に関する取り組みに使えるものと考えます。

㈱日本医療ソリューションズ

 

患者満足度と職員満足度の因果関係

患者満足度 と 職員満足度 の関係について、新井先生(群馬大学)らがその影響要因について明らかにする論文を、第51回日本医療病院管理学会で発表した。

この発表の注目点は、両者の影響要因は認めながら、支配的なエビデンスとローカル(個別)の双方が同時に存在するのでエビデンス・ベース・マネージメントの考え方が有効となるとしている。 続きを読む