カテゴリー別アーカイブ: SEO・SEM

【Google検索結果】スマートフォンで表示に問題のあるサイトに警告

こんにちは!
毎週のように台風が来てますね。

 本日は、スマートフォンで正常に表示されないサイトに出る警告について書きます。

この記事で分かること

  • 警告原因
  • 対策方法

Googleは、2014年10月7日にスマートフォンで正常に表示されないサイトに対して、検索結果で警告が出るようになりました。

続きを読む

【Google検索結果】検索順位とクリック率の関係

こんにちは!
またまた台風が来てるみたいですね。

 本日は、検索順位とクリック率の関係について紹介します。

この記事で分かること

  • PCでの検索順位のクリック率
  • モバイルでの検索順位のクリック率

Advanced Web Rankingという会社がGoogleウェブマスターツールの検索クエリレポートのデータに基づいた検索順位のクリック率を発表しました。
(調査対象データは2014年7月の検索クエリレポートで、5000サイトに記録された合計46万5,000キーワード。月間500インプレッション以下の検索クエリは除外)

続きを読む

【robots.txt】書き方・作成方法

 

こんにちは!
お盆中ですが如何お過ごしですか。

本日は、前回Googlerobots.txtに触れたのでその書き方・作成方法について紹介します。

この記事で分かること

  • robots.txt とは
  • 新機能について
  • 使用方法

robots.txt?という方は、前回記事で役割などを説明しましたのでこちらをご覧下さい。

早速、robots.txtの書き方を説明します。

続きを読む

病院広報ではソーシャルメディアはGoogle+/Facebookどちらが使えるか

病院広報におけるGoogle+(グーグルプラス)とFacebookについて検討しました。

Google+

Google+

このレポートのポイントは、Google+を利用して検索における優位性を獲得する、Google+を広告を使った時のリーチについてです。

さらにこのレポートでは、二つのソーシャル・メディアの比較の説明していません。あくまでもビジネス利用における二つのメディアの違い(特に新規顧客獲得の視点において)についての調査した結果です。したがって個人で友人との交流にのみ使っている人は対象ではありません。

ソーシャルメディアは今後も衰退するものと新しく始まるものが出てきますが、ビジネスでは複数のソーシャル・メディアを利用することが、要求されますので効率的な運用が必要です。
主な違いは下記の通りです。

●ターゲット(対象となる顧客層)
ターゲットの選定にあたり始めからfacebookの知り合い、または友達をターゲットにするのであれば、議論の余地はありません。しかし全ての人が対象となれば会員数4000万人のfacebookよりもオンラインの全ユーザーを対象とするgoogle+が有利です。
インターネットユーザーすべてが対象となる可能性もあります。

●広告掲出メディア
投稿をどのメディに流していくかによって、リーチが拡がります。すでにgoogleは adwardsを使ってすべてのウェブサイトに広告を掲出できるシステムができています。従ってGoogle+がリーチできる範囲は、このようなシステムと投稿を統合すれば、オンライン上すべてを目指しています。

●検索効果(SEOと言われるもの)
googe+の投稿は検索ロボットの対象ですので、投稿で該当するものがあれば検索で表示され、さらに+1(評価)が付けばさらに順位が上がっていくアルゴリズムのようです。(このアルゴリズムについては推測です、今後もその内容は変化していくので外部からの検証は不可能と思います)

●リーチ
どれだけの人に届けられるかは、facebookの場合はアカウントがある人に限られます。しかしgoogle+はアカウントが無い人にも届けられますので、サークルに入れた人であれば誰でも情報を届けられます。いわゆる間口は広くなります。

●アクセス分析
Google+のAnalytics とFacebookのinsightがあります。アクセス分析についてはGoogleが圧倒的にわかりやすく、分析がしやすい画面が閲覧できます。有料のツールが多くありますので企業ではそれらを使うことも経済的には可能かと思います。

●顧客の分類
Google+のサークルを分類することによって、見込み客、可能客、優先顧客などに別々の情報を届けることができます。

●コンバージョン率
コンバージョン率が高い場合は、少ない人数(顧客であるという前提で関心が無いファンのばあいはその限りではない)でも売り上げは高くなることができます。間口が広い検索からくるユーザーは親密度が低いのでコンバージョン率は下がることはご存知の通りです。その意味ではFacebookで緊密なフォロワー(友達)がいればGoogle+よりも有利になります。

一般的にソーシャルメディアを利用する場合は、アクティブユーザーの多いメディアを優先的に利用しますが、病院広報jまたはビジネスにおけるターゲット層によってはマイナーなソーシャルメディアを利用することもあります。例えば美容関係、ダイエット関係などは画像が強みのソーシャルメディアを併用することも可能です。

Googleが発表した post adsで今後、上記のリーチについては決定的な違いがでてきます。ビジネスにはとても強い広告になることと思います。当然のことがながらGoogle+はブログまたはウェブサイトとの組み合わせでより効果的に運用ができます、特にSEOを考える方は併用が必要です。

Google+とFacebookを活用してビジネスを盛り上げていただきたいと思います。

これらの内容を踏まえた初心者向け「Google+速攻スタートアップセミナー」を6月4日に開催します。詳細はこちら ⇒ http://peatix.com/event/37199

㈱日本医療ソリューションズ

病院経営と広報・PR

広報・PRを強化するヒント  -Facebookと公式ホームページの連携

Facebookは利用されていますか?

ほとんどの医療機関がホームページを公開することが一般的になりました。しかしSNSと言われるFacebookは医療機関においては、今日までほとんど利用されていません。

そのFACEBOOKの価値は後日、記述するとして次のような利用によって、facebook ⇔ 公式ホームページとが連携して広報力をさらに強化できることを紹介します。(Mayo clinicより)

●弊社でもFacebook,Twitter, Google+を始めましたのでよろしかったら「いいね!」
または「フォロー」ボタンを押していただければ幸いです。

facebook: http://www.facebook.com/healthcare.solutions.jp
google+ : http://p.tl/_UBI
twitter : https://twitter.com/healthcareplus

アクセス解析をスマートフォンでチェック

アクセス解析

アクセス解析

ホームページのアクセス解析を簡単にスマートフォンでチェックできるGoogle analytics用のスマホ アプリの紹介です。
数週間前にAndroidアプリ「Google アナリティクス」が大幅にアップデートされました。
アクセス情報は、カストマイズはできませんが、アクセスの基本情報は閲覧できます。

アクセス分析が病院ホームページ管理に役立つこと

アクセス分析

ホームページアクセス分析

ホームページのアクセス分析というと、総閲覧者数のことを思い浮かべる方も多いと思いますが、近年はウェブサイトのトラフィック(流れ)が複雑になりホームページの管理にはより多くの情報が必要なことがわかってきました。

ホームページアクセス分析(ウェブアクセス解析)ソフトで有名な「Google アナリティクス」を例に説明をします。

ホームページアクセス分析ソフトを使うと、どれくらいの人が問合せや、診療予約をしてきたかがわかり、閲覧者がアクセスしてきた場所、行動、訪問経路を解析できるほか、ホームページにより関心をもってもらう方法などを詳しく分析することができます。この結果をもとにホームページを改善し、高い効果を発揮することができるようになります。 続きを読む

病院ホームページの重要ポイント

病院ホームページ制作

病院ホームページ制作

ソーシャルネットワークの利用者増加に伴って、病院ホームページの役割がより明確になり始めている。同時に従来の構成・仕組みでは発信力、集患力が下がってくることが明確になった。

あらためて、以下のように病院ホームページの役割や機能を考えてみた。

続きを読む