カテゴリー別アーカイブ: 医療行政

医療行政

医療事故調査制度説明会の動画(厚生労働省)

患者側からの医療事故調査要求が安いコストで、決まった窓口で10月1日から受け付けできるようになった。
その説明会が行われ、下記にその動画が掲載されています。

厚生労働省のホームページによると、
医療事故調査制度は、平成26年6月18日に成立した、医療法の改正に盛り込まれた制度です。制度施行は平成27年10月1日です。
○ 医療事故が発生した医療機関において院内調査を行い、その調査報告を民間の第三者機関(医療事故調査・支援センター)が収集・分析することで再発防止につなげるための医療事故に係る調査の仕組み等を、医療法に位置づけ、医療の安全を確保するものです。 続きを読む

初診料、再診料の値上げ、診療報酬改定 2014年

4月の診療報酬改定で、医科の初診・再診料値上げの方向で検討されていると朝日新聞が報じています。

診療報酬改定

2014診療報酬改定

医療機関の消費税コストを補てんするために、初診料等を4.4%ほど上げる方向で調整しているようです。

この決定は3月末に発表されるのが例年ですので、わかりやすい形で患者への説明をすることが重要です。そのときに、医療費が上がることが患者の受療行動に影響を与えることを考慮することも必要と考えます。

㈱日本医療ソリューションズ

病院経営と広報・PR

 

病床機能報告制度は病床再編へのマイルストーン

世の中は消費税増税とその対策で話はもちきりですが、2014年度は医療機関による病床状況報告が実施される見通しです。 そしてその先には、第7期医療計画がスタートする2018年の診療報酬改定、2025年の新しい医療提供体制が予定されています。

病床再編で「一般病床」が高度急性期、一般急性期、亜急性期と転換を迫られることが起きます。さらに、地域の他の医療機関との競合が発生し、病院経営者が考えるような転換ができないことが予想されます。

すでに病床転換までに時間は4年と迫ってきましたので、地域や競合医療機関の状況から自院の方針を決めて、経営の構築と医療機関との連携を構築することが必要です。

方針が決定後には、患者のみならず医療機関への広報・PRは、集患のために必須です。早く経営方針を決めることが、投資効果確認や職員の確保に時間をかけることができ、より確実に転換を進めることができます。

本年は消費税など喫緊の課題が多くありますが、病床再編を目指して集患や院内コミュニケーション強化のご支援してまいります。

病床転換

2014

 

●弊社のFacebook,Twitter, Google+で発信しております。よろしかったら「いいね!」 または「フォロー」ボタンを押していただければ幸いです。 よろしくお願い致します。

 

ソーシャルネットワークと病院広報

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

近年、facebook、twitterなどソーシャルネットワークの普及している。facebookの登録者は日本で2000万人に達しようとしている。

またtwitterは東日本大震災以降、総務省や東京都庁などで積極的に通信インフラとしての活用を始めている。

続きを読む