地域医療連携と広報


地域医療連携

地域医療連携

2025年に向かって厚生労働省は地域包括ケアシステムの推進を加速しています。ご存知のように、この中で求められていることは、医療の質向上と経費の削減です。

各医療機関は自院の存在意義を確認しながら、地域に新しい病床編成を浸透させなければなりません。さらに、今まで利用していた患者や職員にも新しい方向性の理解を求めることになります。「行けばなんでも診てくれる病院」、「治るまでゆっくり入院できる病院」という地域のいままでの通念を変えていく必要があります。すなわち従来の患者への対応から、診療内容とサービスをきちんと伝えていく必要があります。

また地域の中核病院では軽傷や軽い風邪症状の患者はかかりつけ医に誘導し、複雑な医療技術を必要とする患者に治療や手術をしたり、24時間救急患者への対応をしなければなりません。したがって長期的な入院が必要な患者、リハビリや介護療養が必要な患者には療養型、亜急性期病院への転院を誘導することになります。
医師や看護師をはじめとして、医療連携によって地域連携担当者への役割はさらに大きくなっています。

このように病院経営者は患者や職員に地域連携の意義と患者の入退院を円滑に管理することが課題となっています。同時に周辺医療機関との連携が進むように自院の立ち位置をきちんと伝えることが必要となります。そのコミュニケーションツールがよく機能すれば、職員、患者、周辺医療機関との調整が円滑になります。

したがって、ツールには自院の内容が明確に語られていることが重要なポイントになります。

㈱日本医療ソリューションズ

病院経営と広報・PR